好投田口を援護できずサヨナラ負け…

6月20日(水) vs産大ジャニーズ@名島運動公園(19:05〜20:50)

W┃000│000│0┃0
J┃000│000│1┃1x

W)●田口/柳本(参考記録)柳本1回0/3-浅野
【打順】8阿部-D田代-5山本-9浅野-1田口-D山田-2柳本-7本田-3大西-4国岡-6西崎

首位ジャニーズの投手陣を相手に試合前に「とにかく三者凡退で終わらないこと」を目標に掲げ試合に挑んた。
Details »

守乱が連鎖し悔しい逆転負け

6月13日(水) vsカラー@名島運動公園(19:00〜20:50)

W┃200│000│0┃2
C┃010│060│x┃7

W)●田口-西崎/柳本
【打順】6飯田-D田代-15田口-9D3D柏原-3D3山田-2柳本-87本田-7951西崎-59門田-4日高-D8阿部
[代走]国岡(7回/本田)

初回、2つのフォアボールなどで2死二三塁のチャンスを作ると、5番山田がセンター前に弾き返し幸先よく2点を先制。先発の田口は幾度かバックに足を引っ張られながらも、巧みな投球術を駆使し4回を1点で切り抜け勝利投手の権利を得る。 Details »

たのしいの定義

「たのしい」の定義をもう一度考えてみましょう。

誰かの「たのしい」は、誰かの「たのしくない」であることはよくあります。
そう、「たのしい」の定義は人それぞれなのです。

好き勝手「たのしく」お山の大将したい人にとっては、
口うるさい監督や私は目の上のたんこぶかもしれません。
しかし、その人の爛漫な行動が誰かの琴線に触れることだってあります。
難しいですが、個人的にはチーム全体にとってプラスに影響するなら、
それはそれで Details »

打順の考え方

以前、僕の「打順の考え方」について書いたと思いますが、
基本的にはオーソドックスな形です。

1、2番は出塁、足が速ければなおよし。
下位が作ったチャンスをモノにできそうな雰囲気も必要。
なので、よく2番に小兵の選手を入れるケースはプロでもありますが、
僕はあまり好きではありません。
どうせ草野球なのでなかなかバントを使うケースは少ないです。
うちもそういう小技重視のチームではないのでなおさらですね。

理想は、1番から5番までは Details »

終盤に追いつかれくやしいドロー

6月7日(木) vsヒューマンズ@水産加工センター(19:00〜20:50)

W┃300│201┃5(参考6)
H┃000│23-┃5

W)田口-平田-西崎/三浦
【打順】56河野-D田代-8阿部-3浅野-15田口-679飯田-4日高-D山田-91西崎-2三浦-717平田

(編集中)

感謝

このまえ3三振をくらった試合のあと、
監督からバッティングの指導を受けました。
土曜ナイターのドリームスで知り合って、
もう10年ぐらいになるでしょうか。
僕の良い時も悪い時も知る人です。

今の自分に必要なのは何かを的確に噛み砕きつつ、
時間を惜しまず丁寧にご指導頂きました。
単なる理論の押しつけではなく、
それぞれのタイプに合ったアドバイスができる人です。

福岡WBCにこのようなコーチの存在は非常に有難いです。
みんなも迷ったら監督にアドバイスを求めてみるのも
ひとつの打開策になるかもしれませんよ。

乱打戦を制しリーグ戦2連勝

5月10日(木) vsオールウェイズ@名島運動公園(19:00〜20:50)

W┃302│306┃14
A┃030│040┃7

W)○古河/浅野-後藤
【打順】6飯田-D田代-85阿部-42後藤-28浅野-3山田-7本田-54坂井-14古河-9日高

初回、無死一二塁から阿部・後藤の連続タイムリーで3点を先制。しかし先発古河が2回に長打を浴びて同点に追いつかれる。すかさず相手エラーを誘って2点を返し、さらに4回にも2本のヒットを絡めて3点を追加。5回に4点を返され1点差に迫られるも、6回に長短打を絡めて6点を奪い勝負あり。 Details »

チーム運営で人数に頭を悩ませたときは

草野球チーム運営に携わると人数確保の壁は避けて通れない。はじめのうちは試合予定日までに9人揃えるというところからスタートするのがほとんどで、やがて人数が潤って飽和状態が続けば今度は起用面で頭を悩ます事になる。経験上、試合日はケガのリスクもふまえれば10〜11人ぐらいが理想的で Details »

田口快投!チーム初白星を手中に☆

4月5日(木) vsベンガル@水産加工センター(19:00〜20:50)

B┃000│050│1┃4
W┃015│000│0┃6

W)○田口-西崎/柳本
【打順】6河野-D田代-8阿部-5前田-1D田口-4日高-2柳本-D山田-3梅津-71西崎-9飯田-D7都地

強い風が吹くなか行われたリーグ3戦目。先発の田口がこの日絶好調でボールを低めにコントロール。さらにインアウトの出し入れを有効に使ったベテランらしい投球でベンガルに得点を許さない。
Details »

サクラ散る…

4月2日(月) vs福砂屋@山王公園(19:15〜20:50)練習試合

W┃101│000│000┃2
F┃200│300│00x┃5

W)古河-本田-西崎-古河/柳本-浅野-楠林
【打順】59上原-D田代-85阿部-D山田-3D笠原-141古河-74柏原-92D3浅野-482楠林-6D1D西崎-26柳本-D7平津-D1D8本田

初回、先頭の上原がピッチャー強襲ヒットで出塁すると、田代のテキサスヒット、山田のボテボテの内野安打などで満塁のチャンス。 Details »

豪華5投手の前に1点がやっと…またもやドロー

3月28日(水) vs産大ジャニーズ@城香中(19:15〜20:50)

W┃000│001┃1
J┃100│000┃1

W)浦上─柳本
【打順】5河野-D田代-8阿部-D山田-6西崎-4山崎-7本田-1浦上-3梅津-2柳本-9浅野

今年に入り(先攻後攻の)ジャンケン3連敗。しかし相手が後攻を選択し願ってもない先攻。これが後になって思いがけない展開になろうとは誰もが予想してなかった…。 Details »

緊迫の投手戦は両者譲らずドロー

3月14日(水) vsカラー@名島(19:10〜20:50)

C┃100│000┃1
W┃000│100┃1

W)西崎、浦上─大西、柳本
【打順】6河野-D田代-8阿部-D1浦上-9D本田-23大西-4日高-3D山崎-52柳本-7古河-D山田-D9浅野-1D西崎-D5畑瀬

過去最大人数の14人体制でリーグ戦を開幕した。初対戦となったカラー。1回表、四球などでノーヒットで1点を奪われる。一方の打撃陣は序盤、先発右腕の力強いピッチングに詰まらされ内野ゴロが目立った。 Details »

2012年は黒星スタート

3月9日(金) vsビリーブ@カブトの森(20:20〜21:50)

B┃300│300┃6
W┃010│00-┃1

W)●田口、柳本、八代─大西、栗原
【打順】52栗原-4日高-8阿部-15田口-29大西-7東野-613柳本-D山田-31八代-9D都地-D6長谷
Details »

2011年ベストナイン+2

成績集計が間に合わなかったので純粋に出席数で(練習含む)
来シーズンは出席と成績も加味します。

(投手)西崎 16
(捕手)栗原 09
(一塁)梅津 13
(二塁)東野 08
(三塁)柳本 18
(遊撃)河野 13
(左翼)本田 15
(中堅)阿部 15
(右翼)平津 12
(指名)山田 20
(指名)田代 19

【本塁打】阿部1、浦上1、栗原1、田代1
【新人王】本田
【MVP】西崎

練習

1月下旬、今週アタマに見舞われた寒波で凍えるほどの寒さに。その影響もあってか練習試合予定だったフジクスさんの体調不良者続出により試合中止。(お大事に…)急きょ自由参加の練習にシフトされました。

ストレッチ、ランニングから軽くキャッチボール…いやけっこう長めのキャッチボールで体をほぐしたあと、いきなりフリー。ピッチャー担当浦上を相手に2打席ずつ。今回調子よかったのは山崎と浦上。山崎はレベルスイングを意識しシュアな打球を連発。浦上は投手の関係上1打席だけだったが安定した下半身から長打を連発した。

好投が流れを生み終盤に打線爆発!

12月20日(火) vsフジクス九州@城香中(19:20〜20:45)

F┃000│000│0┃0
W┃000│005│x┃5

W)柳本、○浦上─河野、栗原
【打順】26河野-0田代-578阿部-87本田-751浦上-62栗原-4諏訪-0山田-3梅津-9平津-15柳本
Details »

大敗

12月14日(水) vsジッパーズ@城香中(19:05〜20:50)

Z┃202│020┃6
W┃100│000┃1

W)●柳本、諏訪─河野、柳本
【打順】26河野-61諏訪-8本田-5梅津-3山田-12柳本-9平津-7貞金弟-4(岡口)
Details »

ワンピースに学ぶ

途中、ウォーターセブンで盛り上げ役のウソップが離脱した。そして、ウソップはこう吐き捨てた。

「いいかルフィ。誰でもおめエみたいに前ばっかり向いて生きて行けるわけじゃねエ。正直おれはもう、お前らの化け物じみた強さにはついて行けねエと思ってた。お前は海賊王になる男だもんな。おれは何もそこまで高みへ行けなくていい」

自分も野球ヘタクソだから気持ちは痛いほどわかる。しかし、果たしてそれは本当に正しい選択だったのだろうか。たしかに、ただ強いだけの無機質なチームを目指すのなら、ウソップは必要ないと言えるかもしれません。
Details »

チーム愛

各チームの監督さんなんかは経験あると思いますが、
草野球のチームを運営していると、
選手がチームから離れていかないだろうか、
という不安にかられる瞬間がある。

でも結局、そんな事を心配しても仕方がないのである。
ドーン!と構えて、来る者拒まず去る者追わずの姿勢が
やはり最善なのではないでしょうか。
Details »

左投左打

NPBの主要記録のほとんどが左投左打の選手に記録されている。

本塁打=王貞治
打点=王貞治
安打=張本勲
盗塁=福本豊
勝利数=金田正一
セーブ=岩瀬仁紀

すげー。

自信と過信

選手に必要なのはまず自分を知ること。

自分の能力を過信することはチームスポーツでは弊害でしかない。

結果や経験からくる自信とはまったくの別物。

紙一重のようだが全然違う。

無心同調親指重心骨盤独楽回転振切全力疾走

▼無心
状況は整理しておくが欲は出さない。あるいは1点集中する。
油断しない、飲み込まれない、平常心で。

▼同調
打撃の根幹はパワーとかミートの前にタイミング。
投球動作のどこかでシンクロを心がける。

▼親指重心
これは人それぞれだが、僕は後ろ足の親指に意識を置く。
回転軸の設置面が広いと、回転の鋭さがなくなる。
Details »

ひさしぶりのサイクルマッチ

チーム分け
A)河野-笠原-山田-平津-西崎P
B)諏訪P-柏原-本田-柳内-秋松
C)阿部-東野-田代-柳本P-楠林
Details »

前回に続き追いつかれドロー

11月9日(水) vsヒーローズ@香椎1中(19:05〜20:50)

W┃000│040│0┃4
H┃011│100│1┃4

W)田口、西崎、柳本─栗原
【打順】2栗原-64飯田-0田代-0山田-8阿部-10350田口-7本田-51柳本-90柏原-303梅津-4019西崎-6二宮
【二塁打】本田
Details »

試合直前に行うべきこと

自分の実力を確認し、相手をよく観察する。
相手を必要以上に大きくしない。
そして決して相手を見くびらないこと。
しっかり準備を整えながらプレイボールを待つ。

その上で自分にできることは何かを考えプランを描く。
せっかくの練習試合であれば課題を設けよう。
公式戦やトーナメントでは勝利に貢献しよう。
試合に出てなくてもできることは腐るほどある。

試合中もし失敗してもとりあえずは前を向こう。
ゲーム中は挽回するチャンスもあるのだし、
肩を落としながらプレーしても相手が喜ぶだけ。
しっかり前を向いてプレーして、
反省はゲームセットのあとにとっておこう。

…てな感じ。